口コミでよく言われている目頭切開とは、切れ長で瞳が大きくなるようクリニックで受けられる治療です。施術の流れはクリニックにもよりますがだいたい同じ流れをとっています。患者ごとに施術方法も異なってくるので、口コミで言われている方法がすべてとは限りませんが、口コミを参考にしておくと医師の説明もわかりやすくなります。口コミと違うからといって心配する必要はありません。むしろ、その人の目に合わせた目頭切開方法であることを説明してくれれば、いいクリニックであると言えます。クリニックで最初に行われているのはカウンセリングです。カウンセリングは目頭切開の診察も兼ねていて、手術をする医師が当たってくれます。目の状態を確認し、患者の希望を聞きながらシミュレーションをしていきます。そのさいに手術のあとのアフターケアの説明も受けます。手術を行うときには麻酔クリームを塗っていきます。痛みをなくすためにも麻酔クリームは必須です。塗る量は調節してもらえます。実際に目頭切開を行う前にもう一度理想とする目の形を医師と確認しあいます。納得してからの施術となります。手術ではまぶたにかかっている皮膚の切開を行います。およそ30分ほどです。その間に痛みが感じることがあれば、局所麻酔をかけてもらうことができます。手術が終わったら10分程度アイシングをするので、腫れるのを抑えることができます。アイシングはアイスノンを使います。アイシングが終わったらそのまま帰宅できます。そして1週間後ぐらいに抜糸を行います。抜糸が終わればアイメイクを再開できます。

メイクが出来ないのは一時

目頭切開は、切れ長な印象を作ったり、ぱっちりとした自然な目にすることができる施術方法です。これまでよりも横に目が広がるため、きつい印象や細い目でお悩みだった方が多く選択している方法となっています。一度切開すれば半永久的に見た目の印象を保つことができる目頭切開を行う際には、ダウンタイムに注意が必要です。洗顔に関しては四十八時間程度、目元のメイクは抜糸後からとなるので概ね一週間程度は控えなければなりません。その他にも細かい注意事項があるので、必ず事前に確認するようにしましょう。またダウンタイムは普段通りの生活が送れるようになるまでにかかる期間であると同時に、一時的な痛みや腫れが出やすい期間でもあります。見た目の変化も含めどの程度の度合いや期間であるのかが気になる方は、口コミをチェックしてみるのもおすすめです。同じ目頭切開であっても手術ですので、担当する医師によってダウンタイムや仕上がりにも差が出てくる場合があります。失敗してしまっては元も子もありませんので、信頼できるクリニックを選ぶためにも既に目頭切開を受けた方の口コミを参考にすると良いでしょう。術前にどの程度の痛みや腫れが生じるのかを口コミで確認しておけば、いざそうした症状が出た時にも落ち着いて対処を行うことができます。また症状がきついようなら我慢せずクリニックに相談するようにしましょう。経験を積んだ医師や看護師さんに適切に対処してもらえば、より安心できます。ダウンタイムは術後のトラブルではなく、目頭切開を完成させるために必要な期間です。実際に手術を受けた方の口コミも参考にしながら乗り切ってくださいね。

気になる美容整形

誰でもコンプレックスの一つや二つはありますよね。特に女性なら顔にコンプレックスを抱いている方も多いのではないでしょうか。顔のパーツはうまれもったものですから、ダイエットやエクササイズすれば変えられる体型と違って、努力だけでは変えることはできません。メイクである程度自分好みに変えることはできますが、手間やお金、メイクが落ちた時のことを考えると、一回で全てすませられる美容整形を選ぶ方も多いです。どこを美容整形するか、悩みますよね。失敗は許されないと思うと施術してもらうクリニックのことも口コミなんかで調べますよね。実際施術してもらった方に聞けるのが一番安心なのですが、自ら美容整形したなんて話す方はいません。なのでネットに書いてある口コミを信じるしかないですよね。一般的に美容整形しやすいのは、目です。目はメイクでごまかせるので、美容整形したのがばれたくない方にもおすすめです。目の施術だけでも色々種類はありますが、一回施術をしてずっとそのまま二重を継続していられるのは目頭切開です。目頭切開は、より広い二重にしたり、目の間を縮めたりすることができます。そして一重に戻る心配がありません。目頭切開の施術内容の一連の流れは、まず事前にカウンセリングを行いデザインを決めます。麻酔をし、手術を行います。時間は30~60分程です。病院によっては麻酔のクリームを塗ってから局部麻酔をするところもあります。大切なのは、口コミや体験された方のブログ等を読んで調べておくこと、そしてどこのクリニックでもカウンセリングを行っていますので、自分にあっていると思うクリニックをみつけることです。口コミの中には批判的な内容のものもあります。何が自分にとって目頭切開の成功といえるのかはしてみないと分かりません。華やかな目元を手に入れるために、勉強してから臨みましょう。

理想の目元を作るため

目元の印象は、顔全体の印象にもつながりうるものです。アイメイクを盛ることで、魅力をアピールするのが定番となった今、「どれだけメイクを頑張っても、うまく隠せない目元の地味さ」に頭を抱える方も多いことでしょう。また毎日時間をかけてメイクをするのに疲れたときにも、目頭切開というワードが頭をよぎることもあるはずです。目頭切開とは、「目を大きくしたい」「切れ長の目にしたい」といった希望を叶えてくれる施術で、目頭から上まぶたにかぶさっている部位を取り除く手術のことを言います。目の周辺のバランスを積極的に整えることで、理想の外見を手に入れることもできるかもしれません。こんな魅力的な目頭切開ですが、施術の方法はさまざまです。口コミなども参考にして、自分に合う方法を見つける必要があります。皮膚を三日月状に切開する方法は、腫れも小さく理想の目元を手に入れやすい一方で、元に戻りやすいという特徴があります。W法と呼ばれるのは、先ほどよりも少し複雑になりますが、傷跡は目立ちにくく元に戻りにくい施術方法です。このほかにもZ法などがあり、目の形状や理想の形などから施術方法を決めていくのが良いでしょう。ネット上で口コミ情報を探してみると、それぞれの目頭切開の施術方法を試した方々の口コミを見つけられるはずです。施術前と施術後の様子が見比べられるような口コミ情報は、非常に参考になるもの。目頭切開について気になったときには、ぜひ口コミ情報も探してみてください。

実年齢より老けて見られてしまう人の特徴として、目の下のたるみがあげられます。目の下のたるみができやすい人というのは、目が大きい人や、涙袋がある人、クマのできやすい人など生まれつきの要因によりますが、紫外線を浴びる時間が長い人やコンタクトレンズをしている人など外的要因も目の下のたるみの原因になります。若い頃は目の下がぷっくりしていると可愛らしい印象を受けるので、最近は涙袋のある女の子は人気がありますが、年齢による肌の衰えはもちろん、肌ダメージによってたるみへと進んでしまうので注意が必要です。目の周りの皮膚は他の場所に比べて薄い上にアイメイクを施したりして乾燥しやすい状態です。クレンジング剤も肌を傷めます。化粧水や乳液で保湿するだけでなく美容液を使った保湿は目の下のたるみ予防としては重要です。美容液の目的は、足りない成分を補うことです。肌が良いコンディションであることが美容液を効果的に使うポイントになります。そのためには、洗顔後の肌を化粧水で十分潤し、乳液をぬったあとに美容液使うようにしましょう。目の下のたるみに効く化粧品にはヒアルロン酸・コラーゲン・アスタキサンチンなどの美白、保湿成分が欠かせません。コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質でできた線維は皮膚を支える重要な役目があります。また、これらを増やす働きをする繊維芽細胞を活性化したりコラーゲンを補ったりするのがビタミンC、レチノールなどです。

美女Pちゃん。

美容を愛し美容に愛された女。京都在住。

自分磨きが趣味で、新しい美容グッズチェックに余念がない。「モデル愛用」「今なら~円」の売り文句が弱点です。

おすすめの記事