人の肌の中にはセラミドという成分があります。これは米・麦・酵母などにも含まれており、私たちもそうした食品を食べることによって体内のセラミドを補給しています。乾燥肌になると、このセラミドが不足しがちになります。そのため、化粧品からもセラミドを補うことが必要になってきます。というのも、食べ物からだけでセラミドを補給しようとすれば、どうしても大量の食品を食べることになってしまうからです。せっかく乾燥肌を改善してより綺麗になろうとしているときに、そんなことをしていては本末転倒です。したがって、保湿に不可欠のセラミドを十分に配合した化粧品を活用して、乾燥肌からうるおいのある肌へと変えていくことが求められるのです。

セラミドを極小サイズに

乾燥肌の人のためにつくられた化粧品は多数あります。そのような化粧品の中には多種多様な保湿作用に優れた成分が配合されて乾燥肌に効果が出るようになっています。セラミドもそのひとつです。しかし、ここで一つ問題があります。実はこれまで化粧品に配合されていたセラミドの多くが、分子の大きさがありすぎて肌の奥までは浸透していけなかったのです。そうしたことから、最近になって新たにつくられた乾燥肌用の化粧品では、セラミドの分子を非常に小さなものに加工して肌の奥へと入り込んでいけるように工夫されています。この加工によって、いままでは肌の表面や浅い部分にとどまっていたセラミドが奥まで届くようになり、結果としてより効果的に乾燥肌を改善することができるようになりました。

天然の植物成分の効果

乾燥肌になると肌がもともと持っているバリアとしての働きが低下するといわれています。これは、肌の細胞と細胞をつなぐ役割を果たしているセラミドが減少することなどが原因です。このようにして肌のバリア機能が低下すると、そこから雑菌や刺激物などが肌の中へと入り込みやすくなります。健康な肌であれば皮脂も十分に分泌されており、そこから先へと不純物が浸入していけないのですが、乾燥肌の場合にはたやすく侵入を許してしまうことになるのです。そのため、乾燥肌の人が使う化粧品には、炎症を防いだり抑えたりする機能が求められます。そこで各化粧品メーカーは、天然の薬効を持つ植物成分を化粧品に配合して乾燥肌のダメージを癒す工夫を施しています。

漢方に使われてきた成分

乾燥肌のために特に開発された化粧品には、昔から皮膚によいとされてきた植物や、最近になって効果のあることが解明された植物から抽出された成分など、さまざまな成分が用いられています。乾燥肌の人はアレルギーを起こしやすいことから、そのような化粧品に配合する植物成分は吟味を重ねた上で選ばれています。そうした肌によいといわれてきた成分の一つにコウキエキスがあります。コウキは生薬の一つで、昔から炎症を鎮める効果があるとされお茶や薬用に用いられてきた成分です。また、同じく抗炎症作用があることから漢方薬にも使われるオタネニンジンなどを使った化粧品もあります。こういった天然成分の効果を生かすことで、より肌に優しい乾燥肌対策を行うことができるというメリットがあります。

乾燥は女性も男性も問題

多くの人が乾燥肌に悩まされる季節があります。それは冬です。冬は空気が乾燥していますので、肌の水分も失われがちで、とても乾燥しやすい気候となっています。また、エアコンやストーブなどの暖房器具を使うことで部屋の中の空気が乾燥しますので、それによって体の水分も奪われがちとなってしまって、男性、女性を問わず乾燥が激しいです。冬場には、肌の水分が蒸発する前に、こまめな保湿ケアが必要となっていきます。しかし、冬だけではなく、春先のシーズンでも乾燥は起こりやすく、肌のトラブルを起こす傾向にあります。特に季節の変わり目は肌の状態が不安定で乾燥肌になりやすいので、敏感肌用の化粧品などに切り替えて乾燥しないようにすると良いでしょう。

男性だからこそケアが大事

乾燥肌には、事前のケアが何より大事になってきます。酷くなると医者に診てもらって薬を出してもらわないといけませんが、乾燥肌にならないための化粧品というものは多々あります。化粧品というと女性のものという印象がありますが、男性用の化粧品もあります。基礎化粧品の中には、乾燥をしないための保湿成分が潤沢に使われた化粧水であったり、保湿をしてくれるクリームなどの商品が沢山売られています。普段、化粧をする女性であれば、そのあたりの事も敏感ですし、自分の肌に合うもの、合わないものもわかっています。しかし、普段そのようなことをしない男性は、自分に合った商品を見つけるのが大変です。自分に合う化粧品を探すのであれば、ネットの情報を活用すると便利でしょう。ネットであれば、多くの人からの化粧品使用実績を述べているので、評判の良い化粧品を発見しやすいのです。

肌に存在する成分を補おう

乾燥肌には保湿効果のある化粧品を使うことが最も効果的です。しかし、保湿効果のある化粧品とは一体どのような化粧品なのでしょうか。誤った化粧品を使用すると乾燥肌を改善できないため、どのようにして保湿効果を得るのかを知ることが重要です。保湿効果と言うと、肌に水分を与えると思われる方が多くいらっしゃいます。しかし、肌に水分を与えることは、保湿効果はありません。ただ単に肌を水に濡らすのと同じだけであるため、保湿効果どころか逆に肌を乾燥させてしまいます。保湿効果を得るためには、肌の保湿成分を肌に補う必要があります。保湿成分を肌に与えてこそ、乾燥肌を改善することができます。保湿成分は角質層と真皮層にそれぞれ存在しているため、それらの成分を化粧品で補うようにしましょう。

補いたい保湿効果成分

肌の角質層には、セラミドとNMFが存在します。この2つの成分があることで、角質層は潤いを維持することができます。乾燥肌はセラミドとNMFの不足が引き起こすため、2つの成分を化粧品で補うようにしましょう。また、ビタミンC誘導体は、セラミドの生成をサポートする成分です。一緒に肌に与えることで、より乾燥肌を改善することができます。肌に真皮層には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが存在します。肌にハリや弾力があるのは、これらの成分が真皮層にあるためです。不足すると乾燥肌の原因となるほか、シワやたるみを引き起こしてしまいます。化粧品に配合しやすい成分であるため、たっぷりと化粧品から補うようにしましょう。

人間は、二十歳を過ぎると老化していくといわれています。人によっては、20代でしわやたるみができてしまう方もいるのです。特に30歳を過ぎると、多くの人がお肌の老化に悩まされてしまいます。女性だけでなく、男性でも美肌を目指している方が増えています。エステサロンに通ったり、高価な化粧品を使う方も多いです。しかし、それだけでは効果が感じられないという方も少なくありません。そんな方に人気なのが、美容整形です。アンチエイジングに良いとされる整形方法は、次々にでてきています。顔のたるみに良いといわれているのは、ヒアルロン注射やゴールデンリフト、レーザーなどさまざまです。ご希望にあわせて選ぶことができるのも、支持される理由です。

美容外科もたくさん存在しています。整形は、顔だけでなく体にも施すことができるのです。しかし、やはり顔のアンチエイジングを受ける方のほうが多いようです。なかには、高額な料金を取るという悪徳な美容外科もあります。ですから、病院選びは慎重に行うことが大事です。評判などをきちんと調べてから、病院へ行きましょう。顔のたるみは、重力やコラーゲンの減少などが原因ですので、化粧品などで元に戻すことは難しいのです。美容整形を受けてしまうほうが、金額的にもお安く済むことがあります。目の下のたるみや、頬のたるみに悩んでいる方は、美容外科のカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。患者さんの希望を聞いてくれる、良心的な病院を選ぶことも重要です。

美女Pちゃん。

美容を愛し美容に愛された女。京都在住。

自分磨きが趣味で、新しい美容グッズチェックに余念がない。「モデル愛用」「今なら~円」の売り文句が弱点です。

おすすめの記事