野菜や果物などに含まれているビタミンcは健康や美容にとても良いと言われています。化粧品にもビタミンcが配合されているものがたくさんあり、若い方から年配の方まで、年齢に関係なく多くの女性から愛用されています。その理由はビタミンc化粧品は様々な美肌効果を持っていて美肌作用に優れていますから、使いやすく効果を実感しやすいからです。多くの方が実感しているのが美白効果です。メラニンの生成を抑えてくれますからシミやくすみを改善してくれて、透明感のある色白肌へと近づけてくれます。また、年配の方から好まれているのがしわやたるみなどの年齢肌に、しっかりと作用してくれるという点です。コラーゲン生成を高めて肌にハリを与えてくれ、抗酸化作用で老化を遅らせてくれます。

効果的なものを選ぶコツ

美白や美肌に効果のあるビタミンc化粧品の人気は高いですから、様々な種類のものが販売されています。自分の肌の悩みをしっかりと改善していくためにも、効果が実感できるような化粧品選びをしましょう。まず、どのくらいのビタミンcが配合されているのかという配合量に着目してみましょう。あまり少なすぎては期待した効果が得られませんから、高濃度で品質のよいビタミンcが配合されているものがおすすめです。また、ビタミンcはそのままでは分子量が大きすぎて、肌に浸透してくれません。何らかの技術が使われて安定化されていて、浸透力の高いものほどしっかりと肌の内部まで浸透してくれて、本来の効果を発揮しやすくなります。公式サイトなどをチェックして、浸透力などを調べてから選びましょう。

スキンケアの基本

肌の手入れでもっとも大切なことは、極力刺激を与えないことです。そして、優れた美容成分がしっかり配合された化粧品で、シンプルなお手入れをするのが良いでしょう。自分に必要な成分が化粧品にしっかり入っているのなら、毎日時間をかけてお手入れしなくても結果は出ます。例えば、額のニキビと紫外線のケアが必要な場合は、ビタミンc誘導体を含む化粧水や美容液がいいです。ビタミンcには皮脂抑制効果がありニキビ予防になります。抗酸化力もありますから、朝塗っておけば紫外線による悪影響も防ぐことができます。シワは表面の乾燥ではなく肌の奥の弾力繊維が衰えることによって起こります。それをケアするには、レチノールを配合したクリームがおすすめです。ビタミンc誘導体にはコラーゲン産生を高める作用があるので、顔全体にはビタミンc誘導体配合の化粧水、気になる目もとに美容クリームという使い方がよいでしょう。

成分もきちんとチェック

Tゾーンがベタつき頬は乾燥するような混合肌には、セラミドを配合した保湿美容液をカサつくところにだけでも塗るといいです。保湿美容液の量は、肌の調子や季節によってメリハリをつけます。スキンケアに化粧品は欠かせない存在です。でも何を使っていいのか迷ってしまうことがあるでしょう。化粧品を選ぶ時には、配合されているすべての成分を表示することが義務づけられていますから、成分を確認することが大切です。ただ、表示には化学物質名で書かれるので、一般の人が見てもわからないのがほとんどです。例えばビタミンc誘導体は、リン酸アスコルビル、またはバルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと書かれています。ネットを活用すると、有効成分の名前が確認しやすいでしょう。

種類と使い方の注意点

優れた美肌効果があり、美白系やアンチエイジング系、ニキビケア系など、幅広い化粧品に使われているのが「ビタミンc誘導体」です。ビタミンc誘導体は浸透力が高く、角質層の奥まで浸透して真皮に働きかける効果があります。沢山のビタミンc系化粧品があり、それぞれの化粧品でビタミンcの配合量や性質などが違います。ビタミンc誘導体が多ければいいというわけではなく、あまり多すぎると肌に刺激になります。ビタミンc誘導体は「イオン導入」にもよく使われています。しかし、イオン導入には、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤が入っていない、無添加の化粧品を使うことが大切です。防腐剤が入っているとそれらの肌によくない物質も一緒に導入されてしまうので注意が必要です。

効果と性質

ビタミンc誘導体には、「皮脂の抑制」「メラニンの抑制と還元」「コラーゲンの生成」「新陳代謝の活性化」「酸化防止」などの働きがあります。ニキビケア、ニキビ跡の改善、しわやたるみの予防、シミの予防やできてしまったシミの改善などができます。性質で分けると、「水溶性」と「油溶性」と「両用性」があります。水溶性ビタミンcは水に溶けやすいので化粧水によく使われています。油溶性ビタミンcはオイルに溶けやすいので乳液や美容クリーム系に多く使われています。両用性は水にも油にも溶けやすい最新のビタミンc誘導体です。浸透力に優れていて、イオン導入しなくても肌の奥まで浸透して、肌トラブルを元から改善する効果があります。

アプレシエの美肌効果

新世代のハイブリッド型ビタミンc誘導体がAPPS「アプレシエ」です。アプレシエは今までのビタミンc誘導体よりも肌にすばやく浸透し、効果が長時間続きます。アプレシエは鮮度が命なので、アプレシエ入りの化粧品購入したら冷蔵庫に保存し、一ヵ月以内に使い切る必要があります。アプレシエをお得に使いたい人におすすめなのがアプレシエの原末です。アプレシエの原末を手持ちの化粧水や精製水に溶かすだけで、アプレシエ入りの化粧水ができます。アプレシエ原末1gで約60mlの化粧水ができます。1gは1000円前後で購入できます。できあいの化粧品よりもずっと安く、精製水だけを使えば防腐剤フリーの肌に優しい化粧品が作れます。

浸透力が強い

APPS、アプレシエ入りの化粧品には、優れた浸透力と持続力があります。今までの水溶性のビタミンc誘導体は肌の表面にある皮脂バリアがはじいてしまうので、浸透させるにはイオン導入をする必要がありました。しかし、アプレシエは水性と油性両方の性質を持っているので、イオン導入しなくても深層部まですばやく浸透します。その効果は普通のビタミンc誘導体の100倍ともいわれています。肌の奥で細胞に働きかけ、皮脂バランスの整えてくれます。また、普通のビタミンc誘導体よりも刺激が弱いのもアプレシエの特徴です。今までのビタミンc誘導体化粧品だと肌がひりひりしたり、かゆみや炎症を起こしたりしやすかった人でも使いやすくなっています。

若返りは、昔から女性の憧れているものです。若いころにはなかったようなたるみやしわが出てくることで、見た目が一気に老けて見えます。最近では、そんなエイジングサインにアプローチして、若返りを行なうことができる化粧水も出てきました。肌を老化させる原因やシミ、シワに効果のある化粧品を利用していつまでも美しい肌を保ちましょう。まず若返り効果のある化粧品を利用する前に、肌の老化に効果のある成分を確認していくことが大切です。まず、人気がある成分がフラーレンと呼ばれるものです。フラーレンは、活性酸素を吸着し、除去するという効果があります。保湿効果も高く、メラニン生成を抑制する効果もあることから、シミやくすみに対しても有効です。フラーレンが多く配合されている商品を選びたいという場合は、「RSマーク」がついているものを選ぶことが大切です。RSマークは、フラーレンを1%以上配合されている商品にのみ付けることができるマークです。

皮膚の若返りには、保湿が非常に重要になってきます。皮膚は年令と共に乾燥肌になってくるので、肌の水分が逃げないようにしていくことが重要です。肌の保湿成分として、有名なものがセラミドです。セラミドは、もともと肌の角質層にある物質で、油分や水分をキープするという働きがあります。外部からセラミドを補給することで、肌の状態を良く保つことができるようになります。保湿や抗酸化作用の豊富な化粧品を選んでいくことで、肌がどんどん若返りを行ないます。

美女Pちゃん。

美容を愛し美容に愛された女。京都在住。

自分磨きが趣味で、新しい美容グッズチェックに余念がない。「モデル愛用」「今なら~円」の売り文句が弱点です。

おすすめの記事