50代になると、今までと同じ化粧品を使用していても、肌の状態が良くない時が出てきます。大きな原因は、更年期による女性ホルモンの減少のせいだと言えます。女性ホルモンであるエストロゲンは、肌の状態を良くしてくれる効果がありますが、閉経してしまうとその分泌はぐっと減少してしまいます。ですので、最近何となく肌の状態が良くないとお考えの方におすすめなのが、今まで使用していた化粧品の見直しです。色々試して、自分に合うものを見つけることが大事です。値段や成分も判断基準になりますが、なんといっても、自分の肌に合うものが一番です。安くても調子が良ければ、それが自分の肌に合っているということになります。選ぶのに迷ってしまった場合は、店員さんなどのおすすめを聞いてみるのも良いでしょう。

保湿が大切

50代になると、肌の回復機能とされるターンオーバーのサイクルが長くなります。肌は、いくつかの層が重なってできています。新しい層が作られることで、一番古い層が内側から少しずつ押し出され、最終的に垢となって外に出されます。ターンオーバーのサイクルとは、この一番内側にできた新しい層が、外に出されるまでのサイクルのことを言います。このサイクルは、年齢を重ねる毎に遅くなっていきます。ということは、若い頃よりも、シミやくすみ、シワなどの老化現象が現れやすくなるということになります。ターンオーバーを活発にするのに必要なのは保湿です。50代の肌にはアンチエイジングも大切ですが、一番おすすめなのは、保湿効果が優れている化粧品です。乾燥を防ぐヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが含まれているものが、50代向けの化粧品の特徴と言えます。他にも、老化の原因とされる活性酵素に対抗する成分が配合されたものもおすすめです。

肌の状態の把握が第一歩

50代の化粧品選びで、ランキングで人気の商品や、ブランド品なら安心と考えている方もいるのではないでしょうか。ですが、ランキングで上位の人々に多く選ばれている商品が自分に合うかというと、そうとは限りません。化粧品というのは、1人1人に合った商品を使用することで、最も高い効果を発揮します。そのため人からおすすめされたものや、ネットの口コミでおすすめのものをとりあえず選ぶのではなく、50代の年齢に必要な化粧品や、自分の肌の状態にあったものを選ぶことが大切です。実際に選ぶ時には、自分が今使っている化粧品を見なおしてみることも必要です。使っていて気になる点があるなら、その点を改善するだけでも、より良い肌の状態を目指せる可能性があります。

自分の肌に何が必要か

あなたが思う、自分の肌の問題点は何ですか。50代になるとしわやくすみなど、気になる箇所もあるのではないでしょうか。また外での仕事が多い方は、日焼けなども気になっているかもしれません。このように、50代の方は人それぞれ、さまざまな肌の悩みを抱えています。その悩みはどのような化粧品を選ぶか、それだけでも改善策に繋がります。自分でどのようなものを選べばいいか迷ってしまったら、ドラッグストアなどにある化粧品ブースの店員さんに相談することも必要です。無料で肌の状態チェックも行ってもらえるため、自分の肌の状態を知ったうえで、おすすめの化粧品を選ぶことができます。また店員さんにおすすめしてもらった商品を、必ずしも購入しなければならないわけではありません。おすすめされた商品を参考に、自分で好きなアイテムやお買い得なお店で購入することで、最も自分に合った化粧品を選んでいくことに繋がります。

加齢による肌対策

50代になりますと、ほとんどの女性が閉経を経験し、女性ホルモンの減少により肌や髪が大きく変化します。50代の肌は敏感で乾燥しやすく、髪も艶がなくなり薄くなるのです。ホルモンバランスが崩れるので仕方のない事なのですが、50代の急な変化に戸惑う女性も多いと思います。その対策として肌をいたわる基礎化粧品の見直しは急務です。肌質は各自違いますので、自分の肌質に合った化粧品を使用することをおすすめします。しかし、加齢対策用の化粧品はどのブランドでも充実していますし、おすすめや口コミを参考に選ぶのも一案です。この時に必ず自分の肌に合うものを選び、おすすめを鵜呑みにしないことです。50代の肌は特別敏感ですので注意が必要になります。基礎化粧品を選ぶ時には、サンプル品などを始めに試してから購入するのが良いでしょう。

部分別対策

50代になると肌質が変わりますが、原因は老化とホルモンバランスの崩れにあります。肌のハリがなくなり、シミが増え、シワも気になり、中には突然敏感肌になる方もいらっしゃいます。特に顔は一目見てわかるので気になります。50代の肌に一番必要なのは保湿対策です。これは基礎化粧品は勿論、部分的な効果にも使えます。コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プラセンタ等が配合されている化粧品を選びましょう。また目元のくすみやシワが気になる方は目元専用のクリームを、シミが気になる方は美白用化粧品がおすすめです。敏感肌の方は最近人気のオールインワンという化粧品を試してみて下さい。化粧品を肌につける回数が減るので摩擦を受ける回数が減らせます。一番大切なのは自分の肌に合ったものを見つける事です。今はどこでもトライアルキットがありますので、それを試してみてから購入しましょう。

有効とされる成分配合

若い方のお肌には、ハリや弾力があり、潤いもあります。しかし、年を取るごとにしわやたるみに悩まされる方も増えていくかと思います。また40代まではお肌も若かったのに、50代になってしわやたるみがひどくなったという方も少なくないのではないでしょうか。そんな方には保湿成分や油分が多く含まれ、アンチエイジング効果が期待できる化粧品がおすすめです。最近では、50代の方向けの化粧品なんかも発売されています。このような化粧品には、しわやたるみに効果があるとされる有効成分などが入っている場合が多いです。そのため、人気となっています。また、50代だけではなくそれ以上の年代の方にもおすすめです。そして、老化を気にする若い方にも支持されています。

加齢による老化は、努力次第で抑制することができるといえるでしょう。早寝早起きなども大事です。また、食事もコラーゲンやビタミン、ポリフェノールを摂ることが理想といえます。ポリフェノールには抗酸化作用があります。摂取することで、お肌などの老化を防ぐといわれていますから、積極的に摂ることをおすすめします。また、新陳代謝なども悪くなってきますから、軽い運動なども行いましょう。お顔の筋肉を鍛えると、しわやたるみが軽減するそうです。化粧品を50代の方向けのものなどにかえるだけではなく、食生活の改善や運動を行うことで相乗効果が得られるかもしれません。どれも毎日継続すると、若返りの近道になるといえますのでおすすめです。

美女Pちゃん。

美容を愛し美容に愛された女。京都在住。

自分磨きが趣味で、新しい美容グッズチェックに余念がない。「モデル愛用」「今なら~円」の売り文句が弱点です。

おすすめの記事